理想のセックス<早漏編>

男女が抱える性の問題、理想のセックスについて研究しています

トレッキングする男女のシルエット

フェミニーナ軟膏の射精時間調節効果による早漏防止

ドラッグストア射精までの時間のコントロールがうまくいかず、5分以内の時間で射精してしまう早漏は、多くの男性の悩みとなっています。
一般的な早漏の原因としてペニスが敏感すぎることが挙げられるため、早漏防止手段としてペニスの感覚を鈍らせる効果のある、軟膏タイプの薬が知られています。
このうち使用しやすい軟膏タイプの薬は高い人気があり、大東製薬のトノスや芳香園製薬のトノヒメクリーム等が有名です。
しかしこれらの薬は価格がやや高めなことに加えて、第一類医薬品なので薬剤師がいなくては買えませんし、売られいる場所も限られています。
そこで簡便に入手できて早漏防止の効果がある薬として、小林製薬から発売されているフェミニーナ軟膏があります。
この薬に含まれるリドカインという成分は、局所麻痺効果という塗布した場所の感覚を鈍らせる効果をもっています。
この成分の効果によりペニスの感覚が鈍ることで、射精までの時間が長くなり、早漏が防止されるということです。
元々この薬は女性のデリケートゾーンのかゆみ防止を目的として作られているため、男性のペニスに塗布しても問題ないと考えられます。
さらにフェミニーナ軟膏は第二類医薬品ですので通常のドラッグストア等でも販売しており、価格も同量のトノス、トノヒメクリームと比較すると、それぞれ10分の1、5分の1以下なので一般の方でも購入しやすい製品です。
ただしトノスは局所麻酔効果をもつ成分が3種類含まれていることに加え、成分量もフェミニーナ軟膏の数倍含まれているため、効力や持続時間はトノスの方が高いです。
使用する頻度が比較的少なめで、気軽に使用したいという人ほどフェミニーナ軟膏は有効な薬となります。