理想のセックス<早漏編>

男女が抱える性の問題、理想のセックスについて研究しています

トレッキングする男女のシルエット

早漏を手軽に解消する直し方とは

早漏を本格的に直そうとすれば、医療機関での治療が必要となります。
昔は手術をしたり矯正器具を使用したりする方法が一般的でしたが、今は薬物治療がよく行われています。
早漏は脳が興奮することで生じるため、脳の興奮を抑制することが先決です。
自律神経の乱れが原因の場合は、精神安定剤を服用することで治ることもあります。
40代などの中年層で発生する早漏は、勃起不全による射精コントロール不能が関係していることもあるため、その場合はED治療薬の処方を受けることもあります。

自宅で手軽に解消したい場合の直し方としては、亀頭を刺激に慣れさせる方法があります。
仮性包茎の男性は、包皮を常にむいて過ごすようにしましょう。
それにより亀頭が強化されて、刺激に強くなるからです。
包皮は何もしないと被ったままなので、被ったら元に戻すことを繰り返します。
そうして包皮の形状を覚えさせることで、常にむけた状態にするのです。

オナニーをあまりしない男性の場合は、オナニー回数を増やす直し方がおすすめです。
オナニーをしないほど亀頭は敏感になり、膣の感触に負けてすぐ射精してしまうのです。
本来、SEXの刺激はオナニーよりも弱いものであり、オナニーをしすぎている男性は遅漏になります。
それとは逆にオナニー回数が少ないと、早漏を招いてしまうわけです。
オナニーで早漏を解消する場合は、1日1回を目安に行うといいでしょう。
精液を溜めすぎることで性感も敏感になるため、1日1回は放出しましょう。
オナニーによる早漏解消法は副作用がまったくない直し方であり、亀頭を皮膚化して強くしてくれます。
手軽に亀頭を鈍感にしたいなら、極厚コンドームを使用する方法もあります。
ゴムの素材によっても射精時間が変わってくるので、色々と試してみましょう。